Home > アドバイザリーボードからのメッセージ > 岩﨑哲夫 GPI取締役会長(元アプライドマテリアルズ会長/米国本社上席副社長)

岩﨑哲夫 GPI取締役会長(元アプライドマテリアルズ会長/米国本社上席副社長)

私は米国西海岸のシリコンバレーと縁のある仕事に40年間も関ってきました。この間当地で生まれてきた産業は半導体・PC・ソフトウェア・eコマースやインターネット・そしてクラウドコンピューティングの5つに上り、それらの恩恵なしの人間社会は今日では成り立たないものになりました。想像もつかない恐ろしいほどのインパクトです。5大産業創造の母は「人間の夢(欲望)」と、それを可能とした「テクノロジー」です。現在の技術レベルを示す象徴的な事例ともいえますが、角砂糖サイズの半導体キューブにニューヨーク州立図書館の全蔵書が収容され、必要な知識が瞬時に検索され取り出され、ただ同然のコストで世界中に配信され、ほしいものの全てが居間から注文が出来る時代です。かっての「知と情報」をベースとする産業エコシステムは、技術の発展がもたらした変化の中で音を立てて崩れ、すっかり様変わりしてしまいました。

あらゆるものの境界が消えつつある「シームレス時代」入りしたともいえます。国も産業もコミュニティも例外ではありません。この変化の真只中にいる企業も、旧来の枠組みでの事業モデルが機能しなくなることで、新しいモデルへの離脱を迫られるわけです。現在、シームレス化が進んだとしても世界が一様になるなんてことはなく、出現した新しい環境に適合するグローバルとローカルが混在するハイブリットモデルの模索が続くと思います。ただ、世界には多くの不安定要素が残っており、新しいモデルの模索も容易ではありませんが、人材育成を目的に設立された当学会が半歩先の望ましいハイブリットモデルの姿とそれへのアプローチを示し、実践することにも貢献してほしいと思います。