ニュース

Home > セミナー・研究会 > 第48回(12/16)マンスリーセミナー開催のご案内

第48回(12/16)マンスリーセミナー開催のご案内

第48回目を迎えます12月度のマンスリーセミナーは、神戸情報大学院大学の炭谷 俊樹学長より、「グローバルに活躍する人材育成の基礎を語る」をテーマに講演していただきます。
炭谷学長はビジネス界にも身を置き、マッキンゼー社に10年務めたのち、デンマークはじめ北欧企業のコンサルタントに携わっている時に、デンマークの教育に感銘を受け教育の重要性に目覚め、現在グローバルに活躍できる人材の育成に取り組んでおられます。
従来型の教育ではグローバル化に対応できない、思考力・判断力・表現力など多様な能力を育む必要性から「高大接続改革構想」が文科省から公表されています。今後の教育のあり方に大きなヒントとなる今月のマンスリーセミナーにぜひご参加お待ちしています。

<12月度(第48回)マンスリーセミナー開催のご案内>

(日時) 
12月16日(金)  12:00~14;00

(会場) 
日本外国特派員協会(FCCJ)
千代田区有楽町1-7-1  電気ビル北館20階

(会費) 
3,500円(会員)1,500円(学生会員)5,500円(非会員)
会費には昼食を含んでいます。

(講師) 
炭谷 俊樹氏(神戸情報大学院大学学長)

(テーマ)
「グローバルに活躍する人材育成の基礎を語る」

(講演概要)
「子供は自ら成長・発達させる力をもって生まれてくる。親や教師は、その要求を汲み取り、
自由を保障し、子供たちの自発的な活動を援助する存在に徹する。」、「自立していて、有能
で、責任感と他人への思いやりがあり、生涯学び続ける姿勢を持った人間が育つ」とグロー
バル時代に求められる自立性を重視した教育の重要性を説きます。
日本や北欧企業のコンサルティングに携わりながら、デンマークの社会や教育に感銘を受
けたことをキッカケに、子供の好奇心を爆発させ将来グローバルに活躍する人材の基礎を
育てるために「ラーンネット・グローバルスクール」を創設された狙いや目的を熱く語って
いただきます。

(講師プロフィール)
東京大学理学系研究科修士課程修了(物理学専攻)
ビジネス・ブレークスルー大学大学院客員教授
マッキンゼー社に10年籍を置いたのち、デンマークはじめ北欧企業のコンサルティング
に携わる。
特にデンマークの教育に感銘を受け、幼児教育の重要性に目覚め、「ラーンネット・グロー
バルスクール」を創設。
現在、神戸情報大学院大学の学長も務める。
(講師著書)
「第3教育―突き抜けた才能はここから生まれる」(角川書店)
「実践、課題解決の新技術」(PHP研究所)
「ゼロからはじめる社会起業」(日本能率協会)

(申込方法)
下記メールアドレスに、氏名、所属先・学校名、会員・非会員を明確にしご送信いただければ出席者リストに登録させていただきます。
   seminar@s-gb.net