ニュース

Home > セミナー・研究会 > 第53回(5/19)マンスリーセミナー開催のご案内

第53回(5/19)マンスリーセミナー開催のご案内

第53回目を迎えますマンスリーセミナーは、根来 文生氏(LYEE株式会社代表取締役)を講師にお招きし、「AI,ビッグデータ時代に向けたシナリオ関数によるプログラム革命とは?~サイバー攻撃によりIT文明が崩壊、シナリオ関数による革命がこの危機を救う~」をテーマにご講演いただきます。
AI時代到来の現在外せないテーマです。奮ってご参加ください、お待ちしています。

 <第53回(5月19日)マンスリーセミナー開催のご案内>

(日時)
 2017年5月19日(金)  8:00~9:30

(会場)
 東京21cクラブ
  千代田区丸の内1-5-1
    新丸の内ビルディング10階
      TEL:03-5208-2121

(会費)
 3,000円(一般会員)  1,000円(学生会員) 5,000円(非会員)
  (*)会費には朝食代を含んでいます。

(講師)
 根来 文生氏(LYEE株式会社 代表取締役社長 ソフトウェア情報学博士)

(テーマ)
「AI、ビッグデータ時代に向けたシナリオ関数によるプログラム世界革命とは?」
~サイバー攻撃によりIT文明が崩壊、シナリオ関数による革命がこの危機を救う~

(概要)
現在ではあらゆる機能がコンピューターにより制御されている。例えば飛行機や新幹線など大量交通機関のコンピューターがサイバー攻撃にあえば都市機能は麻痺し、現在のIT文明は完全に崩壊してしまうと警鐘を鳴らす。
「現在の論理結合型プログラムの阻止技術ではウィルスは防げない」と主張。
またAI,ビッグデータ時代の現在、「ある規模の臨界点を超えると従来のプログラムである“論理結合型プログラム”では論理結合の正統性は成立しなくなるという欠陥が生じる」と根来氏は主張する。
今回のテーマである「シナリオ関数によるプログラム革命」とは、非同期型アルゴリズムを発症させる従来の論理結合型プログラムを、同期型アルゴリズムを成立させる「シナリオ関数型プログラム」に置き換えて、プログラム問題の部分解決ではなく、プログラム問題の完全解決しようとするもの。
このシナリオ関数型プログラムは2016年、2017年、日本において2件の基本特許権を取得、従来のプログラム問題はシナリオ関数で既に解法されていることを登壇者のLYEE(株)根来社長は欧米を講演行脚され、シナリオ関数の有用性、将来性を強く訴求されている。

(プロフィール)
1971年 日本大学理工学研究所(院)、数学専攻修士卒業、その後日本大学講師
1978年 ISD研究所設立
2003年 岩手大学 ソフトウェア情報学博士課程を卒業

(功績)
1. プログラム開発技法 VOCJUの創立論考
2. LYEE理論の創立論考
3. 多数のシステム開発指導
4. シナリオ関数の創立論考
5. ドイツ、フランス、イギリス、アメリカ等々欧米にてLYEE理論の招待講演多数

(趣味)
1. 囲碁、日本棋院神奈川支部連合会元会長
2. 母に捧げる小説を17年前から執筆中
                          
参加ご希望の方はお名前、会員非会員を明記のうえ、seminar@s-gb.net宛メールにてお申し込みください。         一般社団法人グローバルビジネス学会事務局