ニュース

Home > セミナー・研究会 > 第56回(10/20)マンスリーセミナー開催のご案内

第56回(10/20)マンスリーセミナー開催のご案内

グローバルビジネス学会の基幹活動のひとつであります「マンスリーセミナー」をご案内します。
来月のセミナーは、サイバー攻撃の脅威に人間の免疫機能を取り入れた革命的なシステムを開発し、設立わずか4年で世界70か国に3,000件以上、48,000を超えるサイバー脅威を検知している、ケンブリッジ大学発企業の取り組みを紹介します。
IT情報社会におけるサイバー攻撃という脅威を、生物学・医学的な免疫機能を取り入れるという画期的な取り組みを、ダークトレース社最大の特徴である3Dグラフィックによるデモンストレーションを交えながら解説していただきます。
万障繰り合わせのうえ是非ご参加ください、お待ちしています。
セミナー詳細は下記の通りです。

  <第56回マンスリーセミナー開催のご案内>

(開催日時)
2017年10月20日(金) 8:00~9:30

(開催場所)
東京21cクラブ  コラボレーションスペース
  千代田区丸の内1-5-1  新丸の内ビルディング10階
     TEL:03-5208-2121

(会費)
一般会員 3,000円  学生会員 1,000円  非会員 5,000円

(講師)
ジョン・カーチ(John Kirch)氏(ダークトレース社日本担当カントリーマネージャー)

(テーマ)
(仮)「サイバー脅威に人間の免疫機能を取り入れた革命的イミューン・システムとは」
 ~ケンブリッジ大学の専門家により開発され、世界70か国に独自システムを展開中~

(概要)
ダークトレース社は、数学、ソフトウェア、諜報専門家による独自の共同作業によってサイバー脅威を検知、進行中のサイバー攻撃を予測し事前対策を講じるという「エンタープライズ・イミューンシステム」を世界で初めて運用可能にした企業です。
「イミューン」とは免疫のことで、人間の免疫システムの自己学習知能にヒントを得た全く新しいアプローチです。
このイミューン・システム技術に支えられ、どんなわずかな不正アクセスや威嚇行為の兆候も、たとえ全く新しい複雑で変化し続けるものであっても検知することができるとうい画期的な技術です。
ケンブリッジ大学の専門家により開発された機械学習と数学理論を駆使してネットワーク全体の定常状態を常に把握、リアルタイムに可視化し、異常な挙動や未知の脅威を即検知する、ルールやシグネチャに依存しない新機軸のセキュリティ対策です。
設立わずか4年で従業員は500名を超え、世界70か国に3,000件以上の導入実績があり、既に48,000を超える未知の脅威を検知したダークトレース社の自己学習アプローチについて、本日はダークトレース社の日本におけるカントリーマネージャーで、エグゼクティブメンバーの一人である、ジョン・カーチ(John Kirch)氏にダークトレース社最大の特徴である3Dグラフィックによるネットワーク可視化ツールのデモンストレーションを交えながら詳しく解説していただきます。

(講師略歴)
アメリカのデューク大学(ノースカロライナ州)経済学部の学位を取得後、日本企業向けソフトウェア業界で25年間に渡り要職を歴任し、数多くの展示会や国際会議で頻繁に講演を行っている。
ソフトバンク、ハイぺリオン(Hyperion)、ウォッチガード・テクノロジー(WatchGuard Technologies)、サイバーガード(CyberGuard)、ノミナム(Nominum)でディレクター職を歴任。
2015年よりダークトレース社の日本カントリーマネージャーに就任し現在に至る。
                                      以上