ニュース

Home > セミナー・研究会 > 第58回(12/15)マンスリーセミナー開催のご案内

第58回(12/15)マンスリーセミナー開催のご案内

第58回を迎えます来月のマンスリーセミナーは、笹谷秀光氏(株式会社伊藤園常務執行役員及び当学会理事)にご登壇いただきます。
テーマは「これならわかる、サスティナビリティ経営の理論と実践」で、企業に限らず社会全般にも不可欠な概念を最新の情報を踏まえわかりやすくお話しいただきます。
師走のご多忙な時期ではありますが是非ご参加いただきますようお待ちしています。
セミナー概要は下記のとおりです。

  <第58回マンスリーセミナー>

(開催日時)
2017年12月15日(金) 8:00~9:30

(開催場所)
東京21cクラブ  (新丸ビル10階)
千代田区丸の内1-5-1
 Tel:03-5208-2121

(会費)
一般会員 ¥3,000  学生会員 ¥1,000   非会員 ¥5,000

(講師)
笹谷 秀光氏(株式会社伊藤園常務執行役員)

(テーマ)
「これならわかる、サステナビリティ経営の理論と実践」
~CSR再考とESG(環境・社会・統治)/SDGs(持続可能な開発目標)~

(講演概要)
2020年に東京五輪を迎え、社会・環境面の持続可能性について、投資家からの、
環境(Environment)社会(Social)ガバナンス(Governance)という、ESGを重
視する動きが加速しています。
このESGにどう対処すべきか、事業会社の立場から理解します。
今や、ESG対応を視野においてサステナビリティを経営に組み込んでいけるかどうか
が企業価値を左右します。
そこで、CSR、SDGs、CSVなどを実践的にお話しします。

1.企業を取り巻く激動の世界潮流 ―サステナビリティ新時代とESG時代の到来―
2.CSRの変遷―本業CSRとCSVの併用へ
3.グローバル・コンパクトやISO26000によるCSR体系
4.ESG対応とは

(講師略歴)
(プロフィール)
地方創生まちづくりフォーラム「まちてん」2016,2017実行委員長、日本経営倫理学会理事、グローバルビジネス学会理事、特定非営利活動法人サステナビリティ日本フォーラム理事、通訳案内士資格保有(仏語・英語)
東京大学法学部卒業。1977年農林省(現農林水産)入省。人事院研修で1981-1983年フランス留学、外務省出向(1987-1990年在米国日本大使館一等書記官)。2005年環境省大臣官房審議官、2006年農林水産省大臣官房審議官、2007年関東森林管理局長を経て、2008年退官。同年伊藤園入社、知的財産部長、経営企画部長等を経て2010年-2014年取締役。2014年7月25日より現職。CSR・環境を担当。
著書「CSR新時代の競争戦略-ISO26000活用術」 (日本評論社・2013年) 「協創力が稼ぐ時代―ビジネス思考の日本創生・地方創生」(ウイズワークス社・2015年)