ニュース

Home > ニュース > 第5回セミナー: 日米イノベーション・アントレプレナーシップ石井正純氏の講演

第5回セミナー: 日米イノベーション・アントレプレナーシップ石井正純氏の講演

第5回セミナーのご案内

日米イノベーション・アントレプレナーシップ・カウンシル石井正純氏が講師として講演

日時

2012年10月22日(月)8:00-9:30

会場

経済倶楽部(中央区日本橋本石町1-2-1 東洋経済ビル9階) TEL 03-3270-0681 地図:http://www.keizaiclub.or.jp/access-2/

アクセス:地下鉄半蔵門線「三越前駅」B3出口から徒歩0分、地下鉄東西線・銀座線「日本橋駅」A1出口から徒歩3分、地下鉄銀座線「三越前駅」A3出口から徒歩3分、JR線東京駅「日本橋口」から徒歩6分

講師

石井正純理事 (AZCA代表取締役/早稲田大学大学院客員教授、経済産業省、米国国務省共催による日米イノベーション・アントレプレナーシップ・カウンシルメンバー)

テーマ

「イノベーションとアントレプレナーシップ:日米比較と今後の展望 ~シリコンバレーからの視点~」

 

概要

米国においてベンチャーキャピタルは米国経済の発展に大きく寄与している。これは、米国においてはそれなりの年月を経てハイテク・インフラが醸成されベンチャーのエコシステムが機能しているからといえる。また、米国ではコーポレート・ベンチャリングやCVCにより、大企業がベンチャー企業の先端技術を取り入れることがごく一般的になっている。一方、日本ではベンチャーのエコシステムが十分に機能しているとは言い難い。また、大企業とベンチャー企業のつながりも薄い。本セミナーでは、特にシリコンバレーの状況に言及しながら、イノベーションとアントレプレナーシップについての日米比較を行ない、日本におけるベンチャー・エコシステムの活性化、ひいては日本経済の復権のための処方箋を議論する。

 

講師紹介

1972年東京大学工学部計数工学科卒業後、1976年日本IBMからスタンフォード大学大学院に留学、コンピュータサイエンス修士号取得。1981年 McKinsey & Company 社に入社、日米欧の主要クライアントに対し、多角化戦略、海外戦略などの分野で経営コンサルティング活動を行なう。1985年シリコンバレーにAZCA, Inc. を設立。以後、主にハイテク分野における日米企業の新規事業展開や戦略的提携の支援を行なっている。最近は特に「グローバル市場における日本企業の成長戦略およびグローバル人材の育成」を主なテーマとして仕事を続けている。AZCAを主宰する一方、2004年ベンチャーキャピタル会社Noventiにマネジングディレクターとして参画、シリコンバレーにおける新エネルギー・環境分野のベンチャー投資、事業開発も積極的に行なっている。2005年より静岡大学工学部大学院、2012年より早稲田大学ビジネススクールの客員教授。2006年よりPARC(Palo Alto Research Center)のSenior Executive Advisor兼任。また、現在、北加日本商工会議所(2007年度は会頭)、Japan Society of Northern Californiaの理事、および日米イノベーション・アントレプレナーシップ・カウンシルのカウンシルメンバーを兼任。新聞、雑誌での論文発表および日米各種会議、大学等での講演多数。所属学会はACM、IEEE、日本情報処理学会、日本OR学会、グローバルビジネス学会、映像情報メディア学会など。

 

会費

8,000円(学会会員は5,000円・・・朝食、コーヒー、会場費)・・・当日は、お振込票か、そのコピーを会場受付でご提示ください

 

お申込方法(締め切り10月15日)

下記参加表をコピーし、10月15日までに、事務局までお送り下さい。

本メールへの返信で結構です。info@s-gb.net  宛てです。また、会費のお振り込みも10月15日までに完了させて下さい。

 

お振込先

・ゆうちょ銀行からのお振込

ゆうちょ銀行 口座番号:00110-9-652065、加入者名:グローバルビジネス学会事務局

・他の金融機関からのお振込

ゆうちょ銀行 店番・支店名:019・ゼロイチキュ、預金種目:当座預金、口座番号:0652065、加入者名:グローバルビジ ネス学会事務局

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

第5回セミナー申込書

10月22日(金)8:00-9:30

ご出席

お名前(          )

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・