セミナー・研究会

Home > セミナー・研究会

Video-46 友野 英三氏 セミナー動画2016年10月

友野 英三氏のセミナー動画です。

※会員限定コンテンツです。会員の方はログインしてください。非会員の方は入会申請を行ってください。

(続きを読む…)

Video-45 中島 精也氏 セミナー動画2016年9月

中島 精也氏のセミナー動画です。

※会員限定コンテンツです。会員の方はログインしてください。非会員の方は入会申請を行ってください。

(続きを読む…)

Video-44 矢部 孝氏 セミナー動画2016年8月

矢部 孝氏のセミナー動画です。

※会員限定コンテンツです。会員の方はログインしてください。非会員の方は入会申請を行ってください。

(続きを読む…)

Video-43 林 康夫氏 セミナー動画2016年6月

林 康夫氏のセミナー動画です。

※会員限定コンテンツです。会員の方はログインしてください。非会員の方は入会申請を行ってください。

(続きを読む…)

Video-42 森 一将氏 セミナー動画2016年5月

森 一将氏のセミナー動画です。

※会員限定コンテンツです。会員の方はログインしてください。非会員の方は入会申請を行ってください。

(続きを読む…)

Video-41 山﨑 裕人氏 セミナー動画2016年4月

山﨑 裕人氏のセミナー動画です。

※会員限定コンテンツです。会員の方はログインしてください。非会員の方は入会申請を行ってください。

(続きを読む…)

Video-40 小林 絜司氏 セミナー動画2016年3月

小林 絜司氏のセミナー動画です。

※会員限定コンテンツです。会員の方はログインしてください。非会員の方は入会申請を行ってください。

(続きを読む…)

Video-9 岩尾 聡士氏 セミナー動画2016年2月

岩尾 聡士氏のセミナー動画です。

※会員限定コンテンツです。会員の方はログインしてください。非会員の方は入会申請を行ってください。

(続きを読む…)

Video-8 丹羽 宇一郎氏 セミナー動画2016年1月

丹羽 宇一郎氏のセミナー動画です。

※会員限定コンテンツです。会員の方はログインしてください。非会員の方は入会申請を行ってください。

(続きを読む…)

Video-7 笹谷 秀光 セミナー動画2015年12月

笹谷 秀光氏のセミナー動画です。

※会員限定コンテンツです。会員の方はログインしてください。非会員の方は入会申請を行ってください。

(続きを読む…)

Video-6 霍見 芳浩 セミナー動画2015年11月

霍見 芳浩氏のセミナー動画です。

※会員限定コンテンツです。会員の方はログインしてください。非会員の方は入会申請を行ってください。

(続きを読む…)

Video-5 後藤 錦隆 セミナー動画2015年10月

後藤 錦隆氏のセミナー動画です。

※会員限定コンテンツです。会員の方はログインしてください。非会員の方は入会申請を行ってください。

(続きを読む…)

Video-4 井之上 喬 セミナー動画2015年9月

井之上 喬氏のセミナー動画です。

※会員限定コンテンツです。会員の方はログインしてください。非会員の方は入会申請を行ってください。

(続きを読む…)

Video-3 黒川 治郎 セミナー動画2015年6月

黒川 治郎氏のセミナー動画です。

※会員限定コンテンツです。会員の方はログインしてください。非会員の方は入会申請を行ってください。

(続きを読む…)

Video-2 大久保 秀夫 セミナー動画2015年5月

大久保 秀夫氏のセミナー動画です。

※会員限定コンテンツです。会員の方はログインしてください。非会員の方は入会申請を行ってください。

(続きを読む…)

Video-1 小林 絜司 セミナー動画2015年4月

小林 絜司氏のセミナー動画です。

※会員限定コンテンツです。会員の方はログインしてください。非会員の方は入会申請を行ってください。

(続きを読む…)

2018年度全国大会 予稿集

2018年度テーマ「AI(人工知能)時代に向けたグローバルビジネスのあり方」

2018年7月8日(日)に開催される全国大会の予稿集に収録される論文です。

日時:2018年7月8日(日)9:20~17:40
会場:早稲田大学キャンパス(井深記念ホール、11号館5階教室 他)
(報告25分 ※質疑応答を含む)

2018年度発表会プログラム

1 エリアマネジメントにおける健康づくり活動の動向 ~大丸有地区の事例を中心に~ 吉田 恭
2 三陸沿岸における起業者特性とその支援策に関する研究 高村 義晴
3 地方と企業の協創による仕事づくりの提案 ~100年人生を楽しむ新ライフスタイルの実現に向けて~ 浅井 義人
筒井 沙耶
寺澤 威譜
将積 直樹
4 まち・ひと・しごと創生総合戦略にみる 地方創生政策の現状 杉浦 大貴
高村 義晴
5 アクティブラーニンクグにおける学習評価の課題と対策 自己肯定感を高める評価とは
炭谷 俊樹
矢萩 邦彦
大日向 百樹
6 新学習指導要領に見るAI人材育成方針と課題 日本とアメリカの統計教育の比較 山下 研一
7 都市部の高齢化に対応したまちづくり 加茂 薫
石橋 成己子
8 ブルー・オーシャン戦略から考えるグローバリゼーション 川上 智子
9 まちづくりの担い手育成プログラムと地域活性化への展開 ―松山アーバンデザインスクールの事例― 小川 直史
羽鳥 剛史
片岡 由香
尾﨑 信
10 商店街における災害時の住民への食料提供の可能性に関する基礎的研究 横松 宗太
小谷 仁務
伊藤 秀行
11 産業構造に基づく流域圏の捉え方に関する基礎的研究 秀島 栄三
大島 健司
12 発展途上国における持続可能な医療ビジネスの成功要因と課題 〜ミャンマーにおける事例研究〜 金森 サヤ子
畠山 薫
13 個人間のつながりを考慮した中山間地域におけるコミュニティ活動に関する分析 松島格也
小林潔司
鄭蝦榮
14 幸福度からみた都市と地方の比較(調査結果速報) 神永希
杉本達哉
奥平詠太
15 災害支援活動と中小建設業の連携による CSRの推進 松田 曜子
16 CBMC(Community Based Medicine and Care)構築のためのAIサービス 岩尾 聡士
17 AIによる医療介護連携を目指しての介護天気予報図(WHELP=へるぷ) 東海林 豊
中林 美恵子
18 AIで利用されるBig-Fiveなどの性格特性因子に 適合した英語学習サービス提供の枠組みの設計 平林信隆
19 水素ディーゼル車:水素社会の実現と燃料電池 自動車普及障害の解消 山根 公高
Paul C. LAVALLA
井之上 喬
20 過疎の村が取組む「地方創生」への挑戦 -スマート農業の先進地を目指して- 西山 猛
21 ハイパー化する国際社会に必須となるパブリック・リレーションズ(PR) ―目標達成のためのリレーションシップ・マネジメント― 井之上 喬
22 グローバル時代に生きる幼児教育の取り組み 長深田 悟
23 地域の中小企業への越境・共同活動の仕組みと 効果に関する考察 —富士ゼロックス株式会社とNPO法人G-netによるシェアプロジェクトの事例より- 今永 典秀
24 サービスイノベーションに向けたシステムエンジニアリング教育研究 伊藤 裕康
ロバートディーターズ
S.J.
25 コミュニティ・ビジネス振興のためのプラットフォーム ~コミュニティ・ビジネスプラットフォームの仕組みの考察~ 櫻木 恵子
小林 潔司
26 「教育」と「アジャイル」の相関と展望
〜プロジェクト・ベースド・ラーニングによる人材育成の可能性〜
矢萩 邦彦
野津 直樹

第63回(6/8)マンスリーセミナー開催のご案内

第63回目を迎えます6月のマンスリーセミナーは、当学会理事であり、山根水素エネルギー研究所代表の山根公高氏にご登壇いただきます。
テーマは「水素社会への最短経路~持続可能な水素エネルギーの最良戦略とは?~」です。
エネルギー問題は今後世界中で極めて重要な戦略であり、水素エネルギーの果たす役割も甚大です。
水素燃料研究や事業に長年従事してこられた山根氏から、持続可能な社会における、持続可能な水素エネルギー戦略をわかりやすくお話しいただきます。
セミナー概要は以下の通りです。

    <第63回マンスリーセミナー開催のご案内>

(開催日時)
2018年6月8日(金) 8:00~9:30

(開催場所)
東京21cクラブ  (新丸ビル10階)
千代田区丸の内1-5-1
 Tel:03-5208-2121

(会費)
一般会員 ¥3,000  学生会員 ¥1,000   非会員 ¥5,000
(*)当日は朝食(軽食)を用意しています。

(講師)
山根 公高氏(山根水素エネルギー研究所代表、グローバルビジネス学会理事)

(テーマ)
「水素社会への最短経路~持続可能な水素エネルギーの最良戦略とは?~」

(講演概要)
水素(H2)は清潔で持続可能なエネルギーです。 トヨタとホンダは、水素燃料電池車の開発に成功しています。 問題:コストが高く、大量生産が遅く、燃料インフラが欠けている。 解決策:既存のディーゼル内燃機関に水素を供給します。 現在、水素を用いてディーゼルエンジンに動力を供給するための技術が存在し、これは経済的で大量生産に適している。 なぜ商用車? トラックやバスは、ターミナルで燃料補給ができるため、インフラストラクチャの必要が少なくなります。 商用車の93%が既にディーゼル車である。 水素供給ディーゼルが普及するにつれて、確かな水素の需要増加が始まり、水素の必要性があきらかになり多量で安価な水素を世の中に出すことの意義が市場で認められ、ひいてはH2供給量の増加、H2インフラの増加の両方ともが活性化され、乗用車用の水素燃料電池をも支えるまで拡大するでしょう。水素を媒体とした余剰電力の貯蔵として用いることにより、電気自動車の普及にも役に立つはずです。水素は持続可能なエネルギーの解決策であり、水素ディーゼルエンジンは持続可能な水素供給とインフラストラクチャーを構築するための最良の戦略です。

(講師略歴)

1973年3月     武蔵工業大学(現 東京都市大学)機械工学専攻修士学位取得
1973年~1992年 日産自動車(株)宇宙航空事業所主担研究員を務め、水素燃料内燃機関の研究開発、固体ロケット、人工衛星打ち上げ用ロケットとその構成要素研究、設計、開発を担当。
1992年~2012年 東京都市大学准教授として、総合研究所水素エネルギー研究センター兼エネルギー化学工学科に所属。
2013年~現在    山根水素エネルギー研究所代表を務め、水素燃料内燃機関とその車の普及推進とそのコンサルタントに従事。
この間、東京大学化学システム工学/専攻 堂免・嶺岸研究室 人工光合成化学プロセス
技術研究組合嘱託研究員、ハルビン工科大学客員教授、水素エネルギー協会評議員、自動
車技術会 ガス燃料エンジン部会委員など多くの要職を歴任されている。

以上マンスリーセミナーのご案内ですが、参加ご希望の方は、氏名・会員・非会員を明記のうえ, seminor@s-gb.net  宛にお申込みください。

第62回(5/21)マンスリーセミナー開催のご案内

第62回を迎えます学会基幹のマンスリーセミナーを下記の通り開催します。
第62回は当学会丹羽宇一郎会長にご登壇いただき、激動する国際情勢が続く現在、米中関係の行方は?また日中関係はどのように展開していくべきなのか?など中国情勢に詳しい丹羽会長よりご講演をいただきます。
概要は以下の通りです。
開催場所及び開催時間が通常と異なっていますのでご注意ください。

   <第62回マンスリーセミナー>

(開催日時)
2018年5月21日(月) 午後2時30分~午後4時00分

(開催場所)
京都大学東京オフィス  
千代田区丸の内1-5-1 新丸ビル10階
 Tel:03-5252-7070
 (*)通常開催しています「東京21cクラブ」と同フロアです。

(会費)
一般会員 ¥3,000  学生会員 ¥1,000   非会員 ¥5,000

(講師)
丹羽 宇一郎氏(早稲田大学特命教授、日中友好協会会長、グローバルビジネス学会会長)

(テーマ)
「激動の国際情勢と日中関係」

(講演概要)
米国トランプ大統領誕生後は、TPPやパリ協定の離脱、イスラエルの首都エルサレム承認問題など、「アメリカ第一主義」を唱えるトランプ大統領の言動が常に注目を集めています。
欧州では移民問題に端を発するナショナリズムの台頭、中東ではISの勢いが衰えているとは言えテロ問題が燻っています。
大統領選に圧勝し、長期政権化を狙うロシアプーチン大統領の思惑、やや対話ムードが高まっているとは言え北朝鮮の核問題、また習近平体制による長期政権を目指す中国は、トランプ大統領による輸入関税強化宣言の標的を報復措置も辞さない構えで対抗しており、国際情勢は激動の真っただ中にあります。
しばらくはこの激動の国際情勢がつづくと予想される中、日本は大国中国とどのような関係を保持し続ければいいのか?
国際経済連携協定のTPP問題、中国中心のRCEPへの取り組み、中国が独自で進めている広域経済圏構想である「一帯一路」政策をどう考えるのか?課題は満載です。
民間出身者として初の中国大使をご経験され、中国情勢に詳しい丹羽会長に中国の現状と今後の日中関係について詳しく且つ分かりやすくお話しいただきます。

(講師略歴)

1998年 伊藤忠商事株式会社取締役社長就任
2004年 同社取締役会長に就任
2010年 中華人民共和国駐特命全権大使就任
2012年 早稲田大学特命教授就任
2015年 日中友好協会会長及び一般社団法人グロー
バルビジネス学会会長に就任し、現在に至る 

セミナーへの参加ご希望の方は、お名前、会員・非会員明記のうえ、seminar@s-gb.net宛にメール送信ください。

「グローバルビジネスジャーナル」編集方針改訂のお知らせ

グローバルビジネス学会は、2016年1月に、オンラインジャーナル『グローバルビジネスジャーナル』を創刊しました。
これまで、社会科学、人文科学、自然科学、全ての分野の論文を受付けています(「日本語」または「英語」)。
このたび、より開かれたビジネス雑誌を目指し、論文の種類等を以下のように変更いたします。

【論文の種類】
『グローバルビジネスジャーナル』に掲載される原稿は、次の5種類。
1. 招待論文
2. 自由論題(査読付き投稿論文)
3. 公募による特集論文(Call for Papers 方式による査読付き投稿論文)
4. 事例研究(査読付き)
5. 報告(査読なし)
   1) 調査・計画・設計・施工・現場計測などの報告やデータ。
2) 問題の提起・試論およびこれに対する意見。
3) 研究調査および経営に関わる価値のある興味深いデータ・ 事例。
4) その他、独創的なビジネスモデルなど。

「5.報告」が、新しく追加されたカテゴリーです。査読はつきませんが、投稿しやすく、かつ記事としても興味深いものとなると期待されます。
 より多くの皆様からのご応募を、心よりお待ちしております。
「グローバルビジネスジャーナル」投稿規定改定は、http://s-gb.net/journal/ をご覧ください。