その他のセミナー

受付中の行事

開催年月日テーマ・講師

空席状況

  • 〇:余裕あり
  • △:若干余裕あり
  • 満:満席です
  • ●:事前申込終了(座席に余裕あり)
  • ▲:事前申込終了(座席に若干余裕あり)

開催済みのセミナー

開催年月日テーマ・講師
The 1st Conference on Asian Inclusive Smart Cities in the Post Covid 19 Arena 
2021年11月24日・25日
本国際会議は、ポストコロナ時代におけるアジア地域のスマート都市像を議論することを目的にしています。人口ボーナスが消滅しつつある多くのアジア地域でトップダウン型開発を推進するという構図は時代遅れになりつつあります。むしろ、デジタルトランスフォーメーション技術を活用し、歴史が蓄積された既存都市圏をボトムアップ型にスマート化することが正攻法だと考えます。本会議では、開かれた民主的コミュニケーションに基づいて、文化、宗教、価値観等が異なるさまざまな人々を包摂するようなアジア型スマート都市に関する理念や考え方、それを実現するための技術や方法論に関して多角的に議論することを目指します。

1日目 午前中:シンポジウム、午後:パネルディスカッション
2日目 午前中:ベトナムスマートシティの特別セッション、午後:研究発表会
第5回JAAM研究・実践発表会
2021年11月18日
第1部門 アセットマネジメント実装のための地域実践活動(行政、大学、住民、コンサルタンツ、ゼネコン等の連携・協力の取組み)
第2部門 アセットマネジメントシステムの活用と普及(アセットマネジメントのための組織活動、第三者認証、PPP/PFIの事例等)
第3部門 アセットマネジメント支援技術(意思決定の方法論、支援ツールの開発/活用、モニタリング/計測技術等)
第4部門 インフラファイナンスの実務、研究、普及等(インフラファイナンスの役割、可能性と課題、ファイナンスと技術との連携等)
第5部門 国際的な取組みと海外の情報(ISO/TC251、GFMAM等の国際規格開発、交流活動、海外の先進事例等)
SDGsイノベーション道場
2021年9月~2022年2月
SDGs達成に貢献する、最新技術を用いたビジネスモデル構築力を身につける、9月から半年間の実践的研修プログラムの参加者を募集しています。

世界の動きを分析し、AI・IoT・ビッグデータ等の最新技術を使いこなす素養を身につけ、創造的な発想力と習得した探究精神で、社会課題解決企画案を講義とグループワーク形式で実際に構築していきます。神戸情報大学院大学に所属する、または卒業した開発途上国からの社会人留学生との協働も可能です(2021年4月時点での留学生数累計314名、出身国累計72カ国)。

「本気」で社会課題解決に取り組みたい、特に企業で新規事業企画に関わる方、官公庁及び関連法人で政策立案関連業務に携わる方、社会課題解決に関心を持たれる個人のご参加をお待ちしています。
グローバル人材育成研究部会 ワークショップ
2021年9月10日(金曜日)
次世代国際保健リーダーの輩出を考える

1.「次世代国際保健リーダーの探索と提案」質疑応答
中谷 比呂樹(NCGM理事 グローバルヘルス人材戦略センター長)

2. パネルディスカッション
(1) 保健分野のODAのあり方を考える特別委員会
馬渕 俊介(ビル&メリンダ・ゲイツ財団 シニアアドバイザー)
(2) アカデミア
仲 浩史(東京大学未来ビジョン研究センター教授、グローバルビジネス学会理事)
金森 サヤ子(大阪大学COデザインセンター特任講師、グローバルビジネス学会常務理事)
本田 桂子(コロンビア大学客員教授)
(3) ビジネス界
杉田 勝好(日本マイクロソフト執行役員常務)
(4) 国際機関
岡安 裕正(WHO西太平洋事務局 高齢化担当コーディネーター)
(5) 内閣府
南 博(内閣官房健康・医療戦略室次長・大使)
グローバル人材育成研究部会 人新世の人とエネルギー分科会
キックオフオンラインセミナー
2021年8月4日(水曜日)
果たして再生可能エネルギーは人を幸せにしているか?

基調発表
15:30~15:50
再生可能エネルギーの人と社会への影響:社会ライフサイクルアセスメントによる定量比較
武田秀太郎(京都大学総合生存学館特定准教授)
Alex Keeley(九州大学都市環境システム工学助教)

パネルディスカッション
15:50~16:50
包括的なエビデンスベースドのエネルギーシステムの構築
石井義朗((株)INPEX常務執行委員、再生可能エネルギー・新分野事業本部長、水素・CCUS 事業開発室副担当)
中山寿美枝(電源開発(株)(J-POWER) 執行役員、京都大学経営管理大学院特命教授)
伊東佐知子(欧州開発銀行 Associate Director, Senior Risk OfficerHead – Structured Finance, Risk Management)
奥井剛(京都大学iPS細胞研究所 特定研究員(政治哲学、生命倫理))

第4回JAAM研究・実践発表会
2020年11月20日
第1部門 アセットマネジメント実装のための地域実践活動(行政、大学、住民、コンサルタンツ、ゼネコン等の連携・協力の取組み)
第2部門 アセットマネジメントシステムの活用と普及(アセットマネジメントのための組織活動、第三者認証、PPP/PFIの事例等)
第3部門 アセットマネジメント支援技術(意思決定の方法論、支援ツールの開発/活用、モニタリング/計測技術等)
第4部門 インフラファイナンスの実務、研究、普及等(インフラファイナンスの役割、可能性と課題、ファイナンスと技術との連携等)
第5部門 国際的な取組みと海外の情報(ISO/TC251、GFMAM等の国際規格開発、交流活動、海外の先進事例等)
第3回JAAM研究発表会
2019年10月31日
第1部門 アセットマネジメント実装のための地域実践活動(行政、大学、住民、コンサルタンツ、ゼネコン等の連携・協力の取組み)
第2部門 アセットマネジメントシステムの活用と普及(アセットマネジメントのための組織活動、第三者認証、PPP/PFIの事例等)
第3部門 アセットマネジメント支援技術(意思決定の方法論、支援ツールの開発/活用、モニタリング/計測技術等)
第4部門 インフラファイナンスの実務、研究、普及等(インフラファイナンスの役割、可能性と課題、ファイナンスと技術との連携等)
第5部門 国際的な取組みと海外の情報(ISO/TC251、GFMAM等の国際規格開発、交流活動、海外の先進事例等)
第10回
ビッグデータセミナー
2017年3月15日
[テーマ1] 情報を利益に変える活用法
[講演者] 岩本武範 氏(静岡鉄道株式会社 企画部マーケティング課長)
[テーマ2] 公共交通事業者により収集されるデータを用いた社会貢献に向けた学術面での取り組み
[講演者] 中村俊之 氏(京都大学大学院工学研究科都市社会工学専攻助教)
第9回
ビッグデータセミナー
2017年3月9日
Rを使ったベイズ統計入門:実習で覚えるベイズ的意思決定
森一将 氏 (文教大学 経営学部 准教授)
第8回
ビッグデータセミナー
2017年1月26日
[テーマ1] ビジネスインテリジェンスとビジネスアナリティクスの概要
[講演者] 富士通株式会社
[テーマ2] Qlik Senseではじめるデータ利活用
[講演者] クリックテック・ジャパン株式会社
公開シンポジウム
2016年11月27日
グローバル時代の地方再生医療・ビッグデータを用いた活用化